住宅ローンはあらゆる自由を奪う!? 仕事も場所も、そして家族も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

先日、名古屋で働いている大学の友人が東京へ遊びに来ました。

彼はとある自動車部品メーカーに勤めておりブイブイ言わせているみたいです。

自動車業界は今、自動運転やら電気自動車で新しい分野に舵を切っているみたいで大変な仕事のようですが興味深く話を聞くことができました。

日本の重要な産業に関わっているわけですからそれはそれは楽しいひとときでした。

 

そんな彼は最近結婚して子供ができて、住宅ローンを組んで家を買ったみたいです。

僕は銀行員ですので職業柄か借入金額、期間、金利などいろいろな質問をしました。

「こんなときはこうした方がいいよ〜」など一般的なアドバイスもしました。

 

ただ改めて思ったことがあります。

住宅ローンを組むと人生が制限されるなと。

そのことについて書いていこうと思います。

 

住む場所が制限される

住宅ローンを30年とか35年とかで組んで家を購入すると住む場所が30年間は同じ場所になります。

飽きませんか?? 僕は飽き症なので3年は持たないです(笑)

毎日知り尽くした場所を行き来し、同じ店に行くのを数十年続けるのはちょっと酷だなと。

 

さらに日本は地震や洪水、さらに北からのミサイル(わりと最近)などあらゆるリスクにさらされています。

それに加え買った当初は問題なくとも数年後に隣人の騒音問題やゴミ屋敷化する場合もあります。

何か問題が発生した時に住む場所を簡単に変えられないのはすごくリスクが高いような気もします。

 

仕事を変えられない

住宅ローンを組むと「今の働いている会社でトコトン頑張るぞ」という意思が生まれるかもしれません。

これは良いことでもあり悪いことでもあるような気がします。

ただ一つの会社に凝り固まって居続けると、その会社でしか通用しなくなってしまう場合があります。

つまりその人の市場価値がなくなってしまいます。

 

住宅ローンを組んでしまうと後先のことを考えてしまうから転職ならまだしも起業や独立なんてさらにハードルが高くなってしまいます。

住宅ローンがあると新しい仕事にチャレンジしにくくなるのはデメリットかなと思います。

 

場合によっては家族の自由も奪う!?

僕は長男であり、僕が幼い頃両親が地元に家を買いました。

住宅ローンは両親が定年までには完済できそうなのでそこは問題ではないですが、いつか地元に戻ってこないかというアピールがすごいです(笑)

でも僕の性格をよく理解しているのか実家に帰ってこいと強く言われないです。

ただ世の長男は昔のなごりもあってかゆくゆくは実家を継ぐものと考えられているような気がします。

特に田舎になればなるほどその傾向が強いように思います。

 

兄弟姉妹が望んで実家に帰りたいと考えるのなら別です。

ただ義務感で実家に戻ってしまうと彼らの自由を奪いかねないと僕は思います。

住宅ローンを組む側(特に親)は家族に資産を残せたらと考えるかもしれませんが、もしかしたら本当に必要なものではない可能性があります。

 

まとめ

上記はあくまで僕の主観です。

冒頭で話した彼はこれらのことを理解した上で住宅ローンを組んで家を買ったと言っていました。

本人が納得して買っていればそれは間違いないんでしょう。

安易に家を買おうとしている方は一度見直してみてもいいかもしれませんね。

 

ちなみに僕は一生賃貸だと思います。

とにかく住む場所を2年に1回は変えていろんなところへ行きたいと考えているからです。

 

今度友人宅へお邪魔します。

そこで心変わりして、「僕も家がほしい!!」って思うかもしれませんね(笑)

 

では今日はこの辺で。

読んで頂きありがとうございます!!!

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください