働き方改革について聞いたこと

 

こんにちは、たいちゃんねるです。

 

 

先日、働き方改革について社内勉強会が開催されました。そこで外部講師を招いていろいろお話を聞くというもの。

 

 

個人的になるほどなーと思う事があったので、書き留めておこうかと思います。

 

 

その方は昔、人事コンサルタントで様々な会社で人事や組織構築を行ってきたとのこと。コンサルとして入った会社はIPOを実現したりといろいろ貢献されてたようです。現在はVCを立ち上げて投資先に組織構築をテーマにいろいろ携わっているみたいです。

 

 

その方曰く、働き方改革の本質は3つなんだと。

1、団塊の世代が退職し、労働人口が減る

2、女性の労働市場への進出

3、働く側のモチベーションをどうするか(やる気的なやつ)

ざっくりとこんな感じです。で、今回は3についてのお話でした。

 

 

現代は科学がとても進歩し、どうしたら人間はモチベーションが出るのか・自発的になるのかが分かってきてるみたいです。それが大きく分けて2つ。

 

 

 

まず一つ目は、働く上で今のやっている仕事に対してある程度アウトプットを予測する。実際やった仕事が予想以上(良い意味で)の結果となる。その予測と結果の乖離が大きければ大きいほどドーパミンが出て仕事が楽しくなるとの事。

 

 

仕事に慣れてくると大体これを行うとどうなるかが読めてきます。予想通りになると「そりゃそうだよね」という感じになり何も興奮しません。自分の想定以上のことが分かると「何でそうなったの?」ということになり、自発的に仕事をするようになり仕事を楽しめるとのことです。僕は分析・調査業務を生業にしているのでこれはすごく共感できました。

 

 

二つ目は、自発的に繋がった人と仕事をするということ。会社員はなかなか難しいと思いますが、上司・部下となる人間は基本的に会社が全て決めます。人間関係で合わなければ最悪です。これって自発的に繋がった人ではありません。自分で人脈をとりにいくという行為は自発性を刺激し、新しい仕事を生み出す可能性が広がるとの事。これが結果的に一つ目に繋がる事もあると仰ってきました。

 

 

これらの話を聞いてすごく共感できることが多かったです。僕自身も春から昇格し、後輩や新人に仕事を教える立場になりました。人を動かし、組織で貢献するという事が求められるようになりました。

 

 

これを機に、組織論というものも勉強していこうと思ってます。

では今日はこの辺で。

 

 

読んで頂きありがとうございます!!

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

 

資産運用成績(2018.3月)

 

どうも、たいちゃんねるです。

 

 

先月の米国市場は乱高下が激しかったですね。Facebookの個人情報流出問題、トランプ氏のAmazon批判など。これにつられてか米国巨大IT企業である、Appleやgoogleも同時に売られてしまいました。

 

 

ダウ平均も思ったほど伸びず、リスク回避で円が買われ円高傾向な月でした。出来るだけ今のうちにドルを買っておきたいところです。

 

 

一方でDropbox(ティッカー:DBX)がナスダックに上場しました。なかなか可能性のあるビジネスなので少し観察を続けようかと思っています。

 

 

ポートフォリオ内訳

2018.4.7時点で総資産は 13,903ドル (前月比:-1.9%)

 

先月と比べるとIT企業の下落で含み益が減っているような形です。気長に待ちます。先月はPFE、JNJ、VFHからの配当と追加資金によってCashポジションが増えつつあります。ちょっと時期を見て何に投資をしようか考えていこうと思ってます。

 

過去6ヶ月推移

《青:含み益 赤:投資金額》

先月と比べると多少減っているのが分かりますね。引き続き来月の相場も楽しみです。

 

 

今日は簡単ですが、ここまで。

読んで頂きありがとうございます!!

 

 

研究費に対する論文数

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

今日帰宅中、とあるニュースを見てついツイートしちゃいました。

どうやら、研究費に対して日本は論文の数が少ないらしいです。理由は海外との共同研究が少なく国内にとどまるケースが多く論文の数が少ないとのこと。

 

 

共同研究すればいろんなアイデアが得られるってことなのかな?? あと論文といえば英語で書く事が通例なのでそれもハードを高くしている理由の一つなのかもしれません。

 

 

金かければ論文がかけるって訳じゃないんですね。テーマを見つける、仮説を立てるという事が重要なことかもしれません。それが一番難しいように思えます。

 

 

 

4勤1休を考える

 

こんにちは。たいちゃんねるです。

 

 

「今週は休みが早いな〜」と思ったらそういえば水曜日が休みでしたね。今週は月火(2勤)、水(1休)、木金(2勤)、土日(2休)という一週間です。

 

 

こう見ると水曜日に休みがあったほうが、月曜日は憂鬱にならないということに気づきました。むしろ月と木は明日仕事をすれば休みという感覚、火と金は次の日休みという事でサラリーマンにとってはモチベーション維持に繋がるような気がしました。

 

 

僕は働く事は嫌いじゃないですが、水曜日休みだとメリットがたくさんあるなと感じました。特に集中力や疲れという点で。ただ水曜日を休みにすると一週間の生産量に影響が出ます。そこで水曜日以外の日をどれだけ生産すればいいのか考えてみました。

 

 

以下図にしてみました。5勤を基準に一日の生産量を10とします。なので1週間の生産量は5日×10で50を1週間で生産します。ここでは残業をしない業務内容が基本決まっている週末になると疲れない、ということを前提条件とします。その他細かい事はご容赦ください(笑)

生産量
5勤 10 10 10 10 10 50
4勤1休 12 12 12 12 48
4勤1休 13 13 13 13 52
4勤1休 12.5 12.5 12.5 12.5 50

するとどうか?? 水曜日を休みにした場合を考えます。1日の生産量を12(通常より20%UP)にすると1週間で2足りない。1日の生産量を13(通常より30%UP)にすると1週間で2増えることが分かります。

 

上図より水曜日分を取り戻すためには1日最低でも12.5(通常より25%UP)もの生産量を出さないといけないことが分かります。

 

 

これを会社側、労働者側でどう考えるかですね。上図はあくまでいろんな条件を排除しているわけですが実際のところどうなんでしょう。これに関する論文とかあるのかな??

 

 

ちなみに僕は4勤1休に賛成です。

 

 

当たり前という認識の違い

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

今日、他部署への分析結果の報告をしました。内容はとある商品のDM送付対象者の選定で、どの顧客にDM送付をすると反応率が高くなり申込確率を上げられるのかということ。効果のないDM送付は避けたいですからね。

 

 

今日はあくまで基礎分析の報告です。自分で報告資料を作りながら思っていたのですが「これってもしかして◯◯部でも知ってることじゃない?」と思いながら作っていました。

 

 

報告してみると、意外に好評でした。担当部署でも真剣にデータ分析を行ってこなかったとのことです。僕らは毎日データを見ていろいろな角度で切って分析をしています。(基本的なところだと、年齢/性別/購買金額など。)日々データに触れる機会が多いため「なんか当たり前の結果だな」と思う事も多々あります。

 

 

でもそれは僕らにとっては当たり前だけど相手にとっては案外知らない事、当たり前ではない事もあるんだなということを今日改めて実感しました。

 

 

当たり前という認識は、当事者によって感じ方が違う

 

 

今日もまた一つ賢くなった気がします。

 

 

文章がうまく書けないです、、、

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

題名の通り、僕は文章を書くのが得意ではありません。このブログの読者にとっては周知の事実だと思いますが、日本人なのに日本語が苦手です(笑)

 

 

最近文章が上手く書けないなーと思う瞬間があって、資料作成や報告書作成のときによく感じます。特に、”を”とか、”に”とか、”の”とか、接続語?って言うんですか、それがうまく使えないです。

 

 

話すときはそんなこと思った事ないのに不思議です。分かりやすい文章を書ける人ってすごいなーと思います。これって日々訓練するしかないんですかね。

 

 

これからも指摘されながらも頑張っていこうと思います(笑)

 

 

 

【勉強会レビュー】データ分析&事例紹介

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

3/17(日)の13~17時@渋谷、とあるコンサルティング会社がデータ分析を実務でどう使っているか、それの事例を複数紹介してくれるものでした。面白くなかったら途中で帰ろうと考えていましたが、最後まで残ってしまいました。結論、参加してよかったです。

 

 

よかった点は大きく3つ。1つ目は、自分が実際行っている業務が別業界でどのように使われているか知ると今の仕事のヒントになる。2つ目は、「さすがコンサル」自分より高い視点で物事を考えて仕事をしていて仕事の進め方という点でも勉強ができました。3つ目は、同世代のレベル感の比較ができるということ。「自分も負けてられないな」とモチベーションを上げるきっかけになりました。

 

 

今回はいろいろな事例を紹介してくださったので、重要だと思った事を箇条書き方式で残していきます。

 

 

《冒頭:データを用いたコンサルティング》

・コンサルは昔「グレーヘア」と呼ばれ、その業界の道を極めた年配の方が事業へアドバイスをするというものだったが、ノウハウが定型化され新卒でのコンサルができるようになった。

・ビジネス現場にデータ分析を用いるためには、ストラテジー(戦略)、アナリティクス(分析)、アーキテクト(運用)が主要業務でこれらを回している。

・プロスポーツ選手において、身長が中学時か高校時のどちらで急激に伸びたかどうか分析すると中学時の方がケガ率が高まるとの事。(体が成長速度に追いついていないから的な)

 

 

《事例①:メーカーにおける需要予測を用いた生産管理》

・少子化による労働者不足、ドライバー不足、EC市場の急伸、食材の廃棄問題が製造業には存在。

・マーケットの購買力は国内ではなく、アジアを中心に伸びており品質のいいmade in Japan は海外にも人気があり輸出の量?額?は増えているとのこと。

・労働力の限界、食品ロスからいくら生産すればいいという需要予測が必要。

・メーカー → 卸 → 小売 と続き、メーカーは卸まではいくら卸したか分かるが、小売でいくら売れたかは分からないとのこと。

・予測モデルには大量に変数を投入するが、最終的には20個ほどの変数になるとのこと。

・Googleの検索数も変数に加える時がある。

 

 

《事例②:現場でどのようにデータを活用するか》

・分析依頼があった場合、何を分析テーマとするのか。

・コンサルへの期待値が高いため、ただの分析結果では納得されない。

・分析結果への理想があり、データのある/なしを把握。あればこういった分析ができ、こういった結果が想定される。データがなければこういった結果がとれそうなのでデータの取り方を提案。

・ミッションを決定し、項目を細分化しどういった分析ができるか考える。例えば、『売上UP』→ 新規or既存 → 新規であれば、単価/新規契約数 → 単価を上げるためにはどういった分析が必要か??

・分析内容はビジネスインパクトや実現性も考え優先順位を考える。

 

 

《事例③:CRM領域のアナリティクスとソリューション》

・DM送付などをする場合、ROIを考えてやるべき(売上?利益?コスト?など何を優先する)

・キャンペーンの効果測定は必ずできるようにする

・初期購買からの経過日数分析でどういった顧客が存在するのか理解し、それらに対してどんなマーケティングを行うのか。(クラスター分析)

・LTV、PFM分析

 

 

まとめます。。。

僕の業務は、①各部署からの分析支援と②分析結果による企画提案です。参加してみて僕の業務は、社内でコンサルに近い事をさせてもらってるなと感じます。普段コンサルが行っている思考法はすごく参考になりました。分析の考え方も明日からの仕事に役立てようと思います。

 

 

 

残業と生産性と割増賃金の矛盾

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

最近定時で帰宅する事をできるだけ心がけています。というのも定時を過ぎると生産性が落ちていると感じる事が多々あります。人間そんなに長く集中していられません。明日できることは全て明日やろう精神でやっています。

 

 

生産性下がるのに、残業代って割増賃金が適用され(ブラック企業でなければ)通常労働よりも多めにもらえます。なんか不思議だなーって今日思いました。普通は生産性の高い人間に多くの給与が支払われるのに。

 

 

ちなみに何の参考にもならないと思いますが、僕の働き方を綴っておきます。何年後かに見直そ。勤務時間は9時から18時です。働き方としては、9時から13時(実働)、13時から14時(休憩)、14時から18時(実働)がおおよそのスケジュール感です。

 

 

休憩は必ず1時間必ずとると決めています。というのも仕事内容が分析業務になるので非常に頭を使います。休憩時間はそっこーで昼ご飯を食べて残りの時間は寝てます(笑)そして午後に備えるといった形です。あと労働規定に1時間の休憩はとるようにと明記されています。とらなきゃ損です。

 

 

多くの労働者におって、残業したくないと考える方が大多数かと思います。ただ一部には残業代を充てにして生活している方も存在します。

 

 

早く帰宅して自己学習をし、自らのスキルアップや生産性向上に努めたほうがよっぽど建設的です。実際には早く帰りたい、けど帰れないという事情もあるかと思います。

 

 

案外簡単な努力で何とかなるかもです。

 

 

総合職と地域限定職の給与格差について

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

最近結婚した同僚と飲む機会がありました。彼女は東京の方と結婚するため総合職だったのを地域限定職という職種に変更しました。

 

ちなみに、

総合職→全国転勤の可能性あり。

地域限定職→そのエリアのみで転勤の可能性あり。(東京エリアの場合、東京から出る可能性はゼロです)

 

 

当社の規定では地域限定職になると総合職よりも給与が20~30%低くなります。これって全国展開している企業に勤めている方はあるあるだと思います。総合職の場合、会社の辞令で全国どこへでも行かなければなりません。その可能性があるため多めに給与をもらうことは当然と考える人が大多数です。

 

 

ただ同僚と話してみて同じ仕事内容で同じ成果なのに隣で働いている総合職と給与格差があるって納得がいかない、という話でした。言いたい事はわかる。そして総合職も言いたい事は分かる。

 

 

これぞ、仕事のパフォーマンスで給与が決められてない問題。僕は仕事内容、成果によって給与は決められるべきだと考えています。もちろん人事は適材適所です。誰もが希望の勤務地を選ぶ事ができません。ただ結婚、介護等でエリアを限定せざるを得ない状況もあります。こういう場合の給与の決め方ってどうなんでしょうね。

 

 

インターネットが発展し、リモートワークも可能になった現代に総合職、地域限定職などの棲み分けをする事自体間違っているのかもしれません。その場合現地採用が一番の解決策なのかなとも考えます。

 

 

うーーん。難しい。みなさんの会社ではどうですか???

 

 

確定申告終わったー!!

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

確定申告がようやく終わりました。やったことは領収書集めて、税理士に丸投げなんですけど(笑)

 

 

今度詳しく書いていこうと思うんですけど、最終的に3万円ほどの税金還付を受ける事が決まっています。確定申告をすることで改めて年間の収支が分かり税金の見える化になります。ここで税金ってバカにならないなと毎年気づかされます。

 

 

サラリーマンしてると税金って会社からの天引きなので自分で払っている感覚がないですよね。こうやって確定申告を自分でするといろいろ税金の制度を勉強したり、世の中の仕組みを改めて理解する事に繋がります。大人の社会勉強の一つと僕の中では位置づけています。

 

 

みなさんも参考にしてみてください!!