不景気に備える!? 米国高配当株ETFの【HDV】と【YVM】をさらっと比較。

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

 

年明けから市場が荒れる可能性があることから、少しだけ方針を変えてディフェンシブ株を物色しています。

ディフェンシブ株でも一つの銘柄に一極集中して投資することはちょっと怖いので包括的に高配当銘柄だけ買えないかなと思っていたら、「そう言えばHDVやVYMがあるやん!」ってなりこの機会にちょっとまとめておこうかなと思った次第です。

 

*ちなみにHDVやVYMはティッカーコードといって、商品コードみたいなものと考えて頂ければ大丈夫です。どちらもETFっていう金融商品です。

*以降の内容はHDV(ブラックロック社HP)VYM(バンガード社HP)の情報を用いて作成しました。(2018.12.30時点)

 

HDVとVYMの概要

コード HDV VYM
運用会社 ブラックロック バンガード
投資対象 米国高配当株 米国高配当株
構成銘柄数 75 404
経費率 0.08% 0.08%
配当率 3.42% 2.96%

上表より、運用会社がそもそも違うってのは置いといて、2つの大きな違いは構成銘柄と配当率です。

構成銘柄だけで比較すると、VYMの方が分散されています。いくらまでが分散投資しているという定義は人によってバラバラですが、僕はHDVの75銘柄でも十分分散されていると考えます。

配当率についてはHDVに軍配が上がります。まぁ直近1年間の実績なんで今後はどうなるか分かりませんが。

 

業種別資産構成比

資産構成比 HDV VYM
1 エネルギー(21.01%) 金融(15.9%)
2 生活必需品(20.87%) ヘルスケア(13.8%)
3 ヘルスケア(18.19%) 消費財(12.7%)
4 資本財・サービス(9.56%) 資本財(11.9%)
5 公共事業(9.05%) テクノロジー(11.2%)
6 通信(7.5%) 石油・ガス(10.0%)
7 情報技術(7.32%) 消費者サービス(9.2%)
8 金融(2.89%) 公益(7.2%)
9 一般消費財・サービス(2.42%) 通信サービス(4.7%)
10 素材(0.85%) 素材(3.4%)

構成業種で見ると、どちらもエネルギー系や生活必需、ヘルスケアなどの景気の良し悪しに関係なく利用されやすいもので構成されていることが分かります。

個人的に気になるところと言えば、VYMは構成1位に金融、5位にテクノロジーがランクインしているところです。

これらの銘柄は景気がよければ株価上昇の圧力となりますが、不景気になると逆の動きをしがちです。

今回の「不景気に備える」のが目的であるなら、もしかしたらVYMは適してないかもしれませんね。

 

構成銘柄

以下、HDVの構成銘柄。

No. 会社名 業種 構成比(%)
1 EXXON MOBIL CORP  エネルギー 9.65%
2 VERIZON COMMUNICATIONS INC 通信 7.50%
3 JOHNSON & JOHNSON  ヘルスケア 6.53%
4 CHEVRON CORP  エネルギー 6.32%
5 PFIZER INC ヘルスケア 5.96%
6 PROCTER & GAMBLE  生活必需品 5.47%
7 COCA-COLA  生活必需品 4.51%
8 ALTRIA GROUP INC  生活必需品 4.29%
9 CISCO SYSTEMS INC  情報技術  4.20%
10  PEPSICO INC  生活必需品  3.83%
上位10合計  — 58.26%

 

こちらは、VYMの構成銘柄。

No. 会社名 業種 構成比
1 JPMorgan Chase & Co.  金融 3.7%
2 Johnson & Johnson  ヘルスケア 3.6%
3 Exxon Mobil Corp.  エネルギー 3.5%
4 Pfizer Inc.  ヘルスケア 2.5%
5 AT&T Inc.  通信 2.4%
6 Chevron Corp.  エネルギー 2.3%
7 Cisco Systems Inc.  情報技術 2.2%
8 Wells Fargo & Co. 金融 2.2%
9 VerizonCommunications Inc.  通信 2.1%
10  Intel Corp.  情報技術 2.1%
上位10合計  — 26.6%

 

上位10銘柄の構成合計で比較すると2倍以上違っています。HDVは上位10銘柄でポートフォリオ構成の約60%担っていることから運用成績は10銘柄にかかっていると言っても過言ではないかもしれません。

 

これらを踏まえて、、、

結局HDVを買うことに決めました。決め手は配当利回りとポートフォリオの構成です。

僕はディフェンシブ株だとヘルスケアセクターしか持っていないことになります。今回HDVを購入することで効率よくエネルギー、生活必需品セクターを取り込む事が出来ると考えています。

VYMは金融とテクノロジーが入っているので避けました。あと配当利回りも高くないし。。

 

HDVの取得価格は83.90ドル。25株買いました。今後も暖かく見守っていきます。

 

では今日はここまで。

読んでいただきありがとうございます。

 

 

たいちゃんねる

 

 

【4809パラカ】過去最高の配当金5,000円受領

 

みなさん、こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

いきなりですが、パラカ株式会社ってご存知ですか?

あまりメジャーじゃないので初めて聞いたという方も多いかと思いますが、主に駐車場を運営している会社になります。(HP:http://www.paraca.co.jp/

こんな看板見たことあるんじゃないかなと思ったり。

 

そういえば以前ブログにも紹介しましたね。駐車場運営会社「パラカ」配当金・株主優待もあり配当利回りはなかなか魅力的な件

 

そんなパラカから今年も配当金を受け取ったのでそのレビューと今後の見通し、雑感などを書いていこうかと思います。

では、さっそくいきましょう!!

 

パラカから配当金を受領

僕は100株持っており、1株50円もらえるんで支払金額は右上の通り5,000円となっています。

さらにパラカは太っ腹なのか株主になると2,000円分のQUOカードもつけたりしてくれます。

ここでは税金などの議論は控えるとして、約7,000円分の恩恵を受けることになります。

 

パラカからの配当恩恵は今後も受けられるの?

少し今までの配当推移を見ておきます。(以下、平成30年9月期 決算説明会資料より抜粋)

配当金は毎年増加傾向になります。青っぽく示しているところが来期の配当金見通しになります。今年は土地の売却益があり特別に多めに配当を出しているようですね。

個人的には、来期は今年と一緒で残念ですか(笑)(今年50円 ⇨ 来期予想50円/株)

 

配当原資になる売上、利益はどうなの?

上記同様決算資料からの抜粋です。

青で囲っている部分は来期の計画です。

売上や営業利益の見通しは良いですが、株主に対する利益配分は少し弱いように感じます。前年は土地の売却益がかなり上振れたため今期はそれと比べてはマイナスになりそうですってことなんだと解釈してます。

 

一応過去の推移も載せておきます。少しずつ利益成長速度が頭打ち、鈍化しているようにも見えたり見えなかったりします。今後は高成長は難しいけど安定的な経営は維持できるんじゃないかと思っています。

 

一応株価にも触れとく

僕は2014年あたりからパラカの株を持っています。702円で買いました。一時は2,700円を超える時期もありましたが、最近は国内や海外の様々なリスクに晒されピーク時より一段と下げてます。

10万円くらいの利益を吹き飛ばしたことになりますが、まぁいいです(涙)

今後も下がる傾向になるかと思いますが、とりあえず様子見です。

様子見なんかするから利益吹き飛ばすんだろって意見は真摯に受け止めてます。はい(笑)

 

雑感

僕は1株702円で100株買ったので投資資金は合計70,200円となります。で、今株主として毎年7,000円分の恩恵を受けています。

なので年率約10%(7,000円/70,200円)の利益を獲得しています。ここで売却しても次の投資先がないので現時点はホールドという選択をとっています。年率10%を今後も高い確率で確保できそうなので売却理由がないなと思っている次第です。

 

あと何もしなくてもお金が入ってくることになります。今後もインカム収入の最大化に努めていきたいですね。

 

最後に配当金の上昇速度は魅力的です。おそらくこの記事を見ている方の大部分はサラリーマンとして働いているのではないかと思います。給与の上昇って昇格しない限り成長率は高くないかと思います。

僕は2014年にパラカに投資をして1,200円の配当金を得ました。それが今では5,000円の配当金とQUOカードになります。配当金収入だけでも1,200円が5,000円になり4年で約4倍になりました。

給料は4年で4倍になることはよっぽどのことがないと実現できないですが、配当金って給与の上昇率より配当金上昇率のはうが高いんだなと改めて感じました。

将来に渡り毎年の収入を上げるには株に投資し続けるってのが最善の選択肢かもしれません。(*リスクはあるし資金ももちろん必要です。)

 

 

ちょっと長くなりましたが今日はここまで。

読んでいただきありがとうございます!!

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成果(2018年11月)

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

10月も過ぎて、11月はさらに寒さが増してきたように感じます。季節の変わり目?なのか私は絶賛体調不良です(笑)体調が良い時は特に何も思いませんが、体調が悪くなった途端健康が一番だなと改めて気付かされます。とにかく温かいものを食べて今日は早めに寝ることにします。

 

それはそうと今日も11月の運用成果について書いていきます。所感としては10月は荒れに荒れた相場ですが、11月の後半になってから少しずつ戻りつつあるのかな?という印象を受けます。

 

それでは早速いってみましょー!!

 

ポートフォリオ内訳

2018.12.1時点で、総資産19,429ドル(前月比+1.6%)

今月は入金をして、余剰現金でApple株を8株(1株208ドル)で購入しました。ちなみに今は178ドルです。はい、そうです、損失を被ってます(涙)

下落の原因はApple株の決算後ネガティブなニュースが立て続けに出てきた影響ですね。ハード製品の売れ行きが微妙で生産数を減らしてる的なニュースが多かったように記憶しています。

少し購入するタイミングを考えれば良かったなと思うことはありますが、少し勉強になったのでこれはこれで良しとしています。

 

直近6か月推移

20,000ドルがすぐそこまで見えているのにだいぶ足踏みしている感があります。12月はボーナスがあるため、もはや力技で入金を行い何がなんでも20,000ドルに乗せてみせます(笑)

あとNISA枠が25万円ほどあるのでこちらも全て使ってしまいたいなとも考えています。

 

今月の雑感

今まではハイテク株の高成長を期待し、多くの投資家がハイテク銘柄に集中的に投資を行ってきました。その結果決算が良くないと失望売りが続いてハイテク銘柄の終焉とまで言われています。そしてそれはいろんなところで耳にします。

 

かく言う私もハイテク株への投資を積極的に行ってきましたが今後はそのスタンスを見直す必要があるかもしれません。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、ファイザー(PFE)なんかは高成長は見込めないものの株価は順調に推移し、さらに四半期に一回しっかりと配当を出してくれています。ハイテク株が絶好調の中、ディフェンシブ株であるJNJやPFEはあまり見向きもされず株価は低成長で配当を出す、ハイテク株が不調になるとディフェンシブ株へ資金が流入し株価が上がりさらに配当を出す。こういうことが11月は顕著に出てたかなと主観ではありますが思うことがあります。

 

景気やトレンドによってポートフォリオを変え、失望的な決算内容であればさっさと見切りをつける。これって大事だなと感じました。ガチホも良いと思いますがそれは銘柄によりますね。

 

あと米国では利上げムードが若干弱くなっています。これ以上金利を上げると逆に経済が冷え込むと判断したのでしょうか? おかげで株には追い風となります。ここは少し様子見でいきます。

 

では今日はこの辺で。

読んでいただきありがとうございます!!

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成果(2018年10月)

 

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

10月は米国株が荒れに荒れましたね。

 

以下はナスダックの状況。

こっち(↓)は米国長期金利。

 

最近はアメリカの景気状況が非常に良く、金利が上昇傾向となっており(景気の締め付け)、さらにアメリカと中国の貿易戦争でいろいろ騒がれたこと、さらにハイテク株の決算が株式アナリストの予測を下回るなど市場を取り巻く材料が盛りだくさん(不安材料が多かったみたい)で株価は月末にかなり下げる結果となりました。

 

おかげでいろいろ影響を受けました(笑)

ひとまず実績にうつりますね。

 

ポートフォリオ内訳

2018.11.3時点で、総資産19,130ドル(前月比-1.5%)

現金比率を増やしたのは先月10万円の入金を実施したことが影響しています。売却をして現金比率を高めた訳ではありません。

それにしても10万円入金してもそれを上回る下落で影響を受けております。まぁ来月には回復しているのではないかと思ってます。

 

直近6か月推移

久々のマイナスです。株価が戻れは20,000ドルは見えてきそうです。

 

雑感

AmazonでもAppleでもそうですが、決して業績自体が悪かったとは言えないと思ってます。どちらも前年同期と比較しても売上、利益ともに増えております。

ただ株式アナリストの予想を下回った。これまで以上に急激な成長が見込めなくなったと判断されたことから売り圧力が強くなっていると感じます。

Amazonは今まで利益を後回しにし積極的に投資をしてきました。ようやくそれが実り投資分を回収できるフェーズに入っているのではと思ったりもします。1年前と比べて明らかに利益が増えています。

AppleもiPhoneやMacBookなどハード製品の単価をあげることに成功してますが、今後販売数を格段に上げることは難しいと考えられます。そのことからAppleではサービス事業を現在伸ばしている最中です。利益率も高いようでガンガン現金を稼ぎ貯め込んでいるようにも見えます。今後はその現金を自社株買いや配当で積極的に還元されるのではないかと考えています。

 

以上のことからどちらもこれまでのような急激な成長は難しいかと思いますが、そこそこの成長や投資家に対しての還元は見込めるのではないかと考えています。

近々アメリカでは中間選挙があります。その結果を鑑み、今のCashを何に使おうか模索している感じです。

 

今日はこの辺で失礼します。

読んでいただきありがとうございます!

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成果(2018年9月)

 

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

今長期休暇中でマレーシアにいます。

ちょうどホテルでこの記事を書いているところです。

 

さっきケータイを充電しようとしたらブレーカーが落ちて部屋が真っ暗になりました。すぐにフロントへ電話し復旧してもらったところです。あー良かった。

 

だいぶ拙い英語でしたが伝わって良かったです。毎回海外行くと思いますが、もっと英語が喋れたらなとおもいます。自分の人生の幅を広げるための手段として言語の習得は大きな武器になり得ます。いつか時間を割いてでも勉強したい分野であります。

 

自分にはまだまだ優先順位の高い勉強科目があるので言語の優先度はちょっと低めですが。。。

 

さて、今月も9月末時点の報告をしていきたいと思います!!

 

ポートフォリオ内訳

2018.10.8時点で、総資産19,412ドル(前月比+1.7%)

先月と比べてそこまで動きはありません。買うものはなくともとにかく入金することが大切です。

 

直近6か月推移

縦軸の単位はドルです。先月は僅かな入金分と配当金で現金が増えました。コツコツでも大事ですからね。

 

今後もこの調子で頑張っていきますよーーー!!!

では今日はこの辺で。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

たいちゃんねる

 

 

 

資産運用成果(2018年8月)

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

 

ようやく夏も終わり少しずつ過ごしやすい気温になっています。皆さんはいかがお過ごしですか?

 

それにしても最近は台風や地震、大雨など災害に関するニュースが多いです。明日はわが身状態です。日頃からの危機管理って大事だなと考えさせられます。

 

 

さて、運用成果に入りますが8月は各銘柄全て先月と比べ続伸しました。資産総額も一区切り迎えたことから少し考えたこと、感じたことも書いていこうと思います。では早速見ていきましょう!

 

ポートフォリオ内訳

2018.9.8時点で、総資産19,089ドル(前月比+6%)

8月は全体的に良く、特にAppleとAmazonが先月同様続伸。おかげでポートフォリオの半分をハイテク株で占めようとしています。ジョンソンエンドジョンソンとファイザーも大きく貢献してくれました。

 

8月はハイテク銘柄が上がると製薬銘柄が下り、ハイテク銘柄が下がると製薬銘柄が上がるという関係がちらほら見受けられました。結果両方上がることになり、それはそれで良かったです。

 

直近6ヶ月推移

単位はドルです。2万ドルまであと少し。引き続き頑張っていきます!!

 

最後に、

8月は各銘柄の値上げに伴い総資産が日本円で200万円を超えました。

 

で、仮に1日に1%株価が上がると単純計算2万円資産が膨らむことになります。何もしてないと言えば語弊になるかもしれないですけど、一日の値上がり分で日給同等分の金額を生み出すことになっています。(まぁ下がれば逆のことが言えますけど、今回はポジティブに笑)

 

すごく当たり前な話ですが、多少の値上り、たとえ数%でも金額ベースでは数万円のインパクトを与えます。自分にとっては1%の動きが残高に影響したなって感じるラインが200万円なんだと実感しました。

 

基本短期的な株価の動きはどうでもいいと思っていますが、やっぱり増えると嬉しかったりします。

 

今後も投資を通じて感じたこと気づいたことがあればシェアしていきたいなと思っています。

では今日はこの辺で。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成果(2018.7月)

 

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

 

最近の夏はめちゃくちゃ暑くないですか。

異常気象なんですかね。各地で熱中症のニュースなんかもよく聞きます。皆さんも気をつけてくださいね。

そんな僕は今、多少バテながらこの記事を書いています笑

 

 

それはそうと、今月はAppleやAmazonの決算月でした。好決算だったことから株価に良い影響を与えました。

次の決算にも期待ですね。ということで今月も実績を綴っていきますよ。

 

ポートフォリオ内訳

2018.8.5時点で、総資産18,012ドル(前月比+8%)

AppleやAmazonが急伸して株価が伸びたこともあるんですが、ジョンソン・エンド・ジョンソンの低迷していた株価が最近回復傾向に向かっておりそれも総資産を膨れさせる原因となりました。

あと先月と変わったこととしては、 VFHを売却しAmazonをもう1株価追加しました。おかげで僕のポートフォリオで一番の割合を占めていることになります。

 

直近6ヶ月推移

左側の単位はドルです。あと少しで20,000ドルが見えてきました。

多分年内にはいけるんじゃないかと勝手に思っています。とにかく入金頑張ります!

 

では、今日はこの辺で。

読んで頂き、ありがとうございます!!

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成績(2018.6月)

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

今月も運用成果について書いていきます。

 

6月はボーナス月ということもあり、少し多めに資金を投入しています。毎月の入金は必須ですが定期的に多めに資金を投入できるときはしていきたいなと考えています。

 

では早速いってみましょう!

 

 

ポートフォリオ内訳

2018.7.7時点で、総資産16,719ドル(前月比+10.6%)

大きく総資産が伸びたのはボーナスによる追加資金投入です。

 

ちなみに追加資金でAmazonを購入しました。僕のポートフォリオで大きく運用益に貢献してくれてるのはAmazonとAppleです。今後もさらなる事業拡大が予想できることからAmazonを購入することに決めました。

 

米国株にはAmazonやApple以外にも注目している銘柄はたくさんあります。最近上場したDropboxやSpotifyは引き続きウォッチしていきたいですね。

 

 

直近6ヶ月推移

こう見ると着々と増えているのが確認できます。今月からCashも載せてみました。

スタンスとしてはCashが1000ドルを超えてくるとそろそろなんか買うかーみたいなことを考えてます。

 

現金だけ持ってても何も生まれないですからね。

引き続き頑張っていきますよーーー。

 

 

では今日はこのへんで。

読んで頂きありがとうございます!!

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成績(2018.5月)

 

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

 

先週実績を書く予定だったんですが、急遽予定が入ってしまい今頃先月分の実積を書いていきます。ちなみに実績は6/1時点でいきます。

 

 

ゆるめにやっているんでよしとします笑

 

 

ポートフォリオ内訳

2018.6.1時点で、総資産15,108ドル(前月比+4.4%)

 

利上げの影響で高配当株(JNJ、PFE)は相変わらずじり貧が続いているように感じます。一方でApple、Amazonは調子がいいです。外部の影響を受けず自社製品、自社サービスが良ければ景気なんて関係ないと思わせてくれます。

 

 

直近6ヶ月推移

そろそろ現金比率も増えてきて、今月末はボーナスの入金もあります。来月はどこかに投資したいなとも考えています。

 

 

手短ですが、今日はここまで。

読んでいただきありがとうございます!!

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

資産運用成績(2018.4月)

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

 

かなり久々感がありますが、今日は月一回の運用成績についてです。

早速いきますね。

 

 

ポートフォリオ内訳

2018.5.3時点で、総資産14,461ドル (前月比 +4.0%) 

 

今月はAppleの好決算とAmazonが多少伸びた事、追加資金を投入した事から前月と比べると総資産が膨らんでいます。Cashポジションも多くなり、さらに6月にボーナスもあるため夏あたりで追加投資を検討しています。

 

 

ちょっと考察

3月は105~106円/ドルだったのが、4月は109円/ドルのためなかなかドルを増やす事ができませんでした。為替は全く読めないので毎月とにかくコツコツドルを買い続ける事が重要かなと思ってます。

 

 

現在米国では利上げを進めており米国金利が上昇。10年米国債利回りは一時3%を超えて益々ドルに需要が出てきている事から今後はドル高円安に触れる可能性高いと思われます。日本は金利がほとんどつかないですけど米国は金利が高くつくことから大人気です。通貨が安定していて金利が高いなんて投資家にとっては最高です。

 

下図は直近1年の10年米国債利回り(出典:ブルームバーグ

 

 

下図は直近3ヶ月のドル/円チャート(出典:Yahoo!ファイナンス

 

 

さらに米国金利が上昇しているせいか高配当銘柄に魅力がなくなりつつあるような気がします。以下は僕が持ってるジョンソン・エンド・ジョンソンとファイザーの株価推移です。

 

(出典:Googleファイナンス

 

年明け当たりからあまり元気がないです。金利上昇局面になると、米国債>高配当銘柄 という構図になるためこれらは株価が伸びにくくなります。国債はリスクがほとんどないと見なされ、国債で儲かるならリスクの高い株は魅力的にならないですよね。良い勉強になりました。しばらくホールドしておくつもりです。

 

 

Appleの決算について

最後に5月1日に行われたAppleの決算発表に触れておきます。

 

売上    :611.4億ドル 前年同月比+15.5%(予想:609.4億ドル)

営業利益:158.9億ドル 前年同月比+12.7%

純利益 :138.2億ドル 前年同月比+25.3%

EPS    :2.73ドル (予想:2.6ドル)

 

売上、EPSとアナリストの予想を上回る結果となり、株価が急伸。iPhoneの販売不振が騒がれてましたけどなんだかんだiPhoneXが売上を引っ張ってくれたみたいです。その他サービスである、iTunes StoreやApple Music、Apple Pay、Apple Careも調子が良いみたいです。新たに自社株買い、増配の計画もあるみたいで引き続きウォッチしていきます。

 

 

では今日はこの辺で。

読んで頂きありがとうございます!!