生命保険加入において健康が大事!!タバコは絶対吸わない方が良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どうも。

たいちゃんねるです。

 

先日、【不動産投資家限定!】知っておきたい生命保険の考え方というブログを書きました。

実はまだ生命保険に加入できていません。

というのも保険会社から健康面で審査中でした。

 

今日保険代理店から電話があり、

問題なくこのまま手続きができるみたいでホッとしています。

 

生命保険に加入しようと思ったきっかけ

僕はアパート1棟購入するために、3,000万円の借入を行いました。

現状家賃収入がありそこから返済に充てられるので実際手出しはありません。

ただ自分が死んでしまうと残された家族に借金が残るのでローンと同額の生命保険を組もうと思ったわけです。

 

僕が選んだプラン

借入期間が15年なのでそれに合わせて15年掛け捨ての定期保険。

保険金額3,000万円。(僕が死んだら3,000万円もらえます)

26歳、非喫煙者、優良健康体ということだったので保険料は月々2,880円と安くて納得してました。

 

ところが待ったがかかった!!

ニコチン検査はタバコを吸ってないのでもちろん問題なし。

社内でやった健康診断の結果表も必要だったので持っていき担当者に渡しました。

すると保険代理店の担当者が「あれ??」みたいな顔をするわけです。

事情を聞くとある検査項目がB+(ほぼ正常)となっていたわけです。

健康状態が優良体か標準体かで保険料が変わるとのこと。

直接保険会社に問い合わせても即回答できないとのことだったので後日保険会社からの回答待ちとなってしまいました。

結局大丈夫だったんですけどね(笑)

 

健康次第で保険料が割高に!!

健康に問題があると死亡率が上がるので保険会社は保険金を支払う可能性が高くなります。

それを賄うために保険料が高くなるのは当然の話です。

この一件で、健康なだけで保険料を節約できるってことを身をもって体感でき良い勉強になりました。

今回優良健康体なんですけど標準健康体だったら月々の支払いが1,000円増えていたみたいです。

健康なことは良いって分かっているけどこうやって金額で示されると得をした気分になります。

 

タバコを吸っているだけで保険料は割高決定

あとタバコを吸っている方、これから吸おうと考えている方は注意が必要です。

僕と同じ年齢だと支払額が月々1,500円も増えちゃいます。

これが年齢を重ねると負担額も増えます。

いくら健康体でもタバコを吸っているだけで金額的には損をしちゃいます。

月々は微々たるものですが総支払額で見ると数十万円で差が出るので気をつけたいところです。

 

まとめ

・生命保険、医療保険に加入するなら健康が一番!!

・タバコを吸ってしまうと保険料が割高に!!

・若ければ若いほど保険料が安い!! → 若いほど保険が不要な可能性が高いので見極めが大事。

今日ちょっと思ったことをブログにしてみました。

これもまた誰かの参考になればありがたいです。

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございましたっ!!

 

 

コチラもどうぞ!!

↓↓↓↓↓

【不動産投資家限定!】知っておきたい生命保険の考え方

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください