会社員だからこそ得られるメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、たいちゃんねるです。

 

 

僕のブログを読んで頂いている方の大半は普段会社員として働いている方が大多数を占めると思うのですが、皆さん会社員ライフは楽しんでますかーーー!!??

 

 

僕はですね、職種や職場に恵まれてとても楽しんでます。持ってる考え方や知識を最大限アウトプットできる場として会社はすごくいい環境です。もちろん辛い時もありますよ。

 

 

でもどうせ会社員をやることが決まってるなら会社員生活は思う存分楽しんだほうがいい。そして可能な限り会社を利用した方がいい。というのが僕の考え方です。

 

 

今日は僕が思う会社員でのメリットを書いていこうと思います。

 

 

融資が引きやすい

もうダントツでこれです。僕は融資担当の経験があるのですがサラリーマンは最強です。会社員だと毎月決まった日に決まった金額が入金されるので、銀行からすれば返済が滞る可能性が低く担当者としてもお金を貸しやすいです。 (※注※)資金使途不明や多重債務者、法外な借入希望は別です。

 

 

これを使わない手はないです。僕自身、不動産と発電事業への投資で多少借入がありますがこれは会社員であることが評価されています。融資が通ったとき、会社員も捨てたもんじゃないなと感じました。金利もかなり優遇してくれたし。

 

 

あと僕は今後家を買う予定とかないですが、住宅ローンも比較的会社員だと審査は通りやすいです。たまに会社員時代にローンを借りておいて2、3年したら会社を辞めて独立していたという話も聞いた事あります。自営業だと会社員よりも安定性に欠けるので融資が通りにくくなるのが一般的です。

 

 

そういえば、以前住宅ローンについてこんな記事も書いてました。(参考記事:住宅ローンはあらゆる自由を奪う!? 仕事も場所も、そして家族も!?

 

 

もちろん借入なので返済は絶対です。とあるCMであるように、「ご利用は計画的に」です。

 

 

海外赴任を経験できる

これは人によると思いますが、僕なら行きたい(笑)

 

 

本当は社内調整で1年半後海外赴任が決まっていたのですが、異動が優先されちゃいました。まぁ結果オーライと考えてます。

 

 

海外赴任になると何がいいかって海外赴任手当がつきます。当社では給料が1.5〜2倍になります。年次にもよりますが、簡単に1千万円プレーヤーになります。金銭的にはすごく魅力的です。あと他言語を取得できます。他言語といっても英語がほとんどだと思いますが、タダで英語が勉強できると考えたらすごくありがたい話です。

 

 

あと海外転勤先でよくある場所としてはニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール辺りだと思うのですがこの辺に実費で住むと考えるとゾッとします。というのもこれらの都市は東京よりも家賃が高い傾向にあります。大抵の場合、社費で住めるのでありがたいです。

 

 

海外赴任経験は転職市場でも高く評価されると人材系企業に勤めてる友人が言ってました。日本企業は今後海外市場に出て行く機会がたくさんありそうですし納得できます。

 

 

お金をもらいながらノウハウをゲット

将来独立や起業を考えているなら、ビジネスモデルが確立されていて、なおかつ興味のある分野に会社員として潜入すれば容易にノウハウは手に入ります。

 

 

もっとこうしたらいいのにとか、自分ならこうするなど様々な発想が独立のヒントになることがあります。お金をもらいながら、ノウハウが得られることはすごくメリットではないかと思います。 (※注※)ここでのノウハウは特許や商品を丸パクリするという意味ではなく、ヒントを得るという意味ですよ。

 

 

僕の友人で独立して前職の取引先を丸ごとお客さんにしたという例もあります。会社員時代に仕事を続けながら、ある程度独立後のお客さんも作っていたというやり方にはびっくりさせられました。こういった起業の方法だと失敗する可能性は低くなりますね。これも会社員という看板を利用した一つの例ではないでしょうか。

 

 

まとめると、、、

①融資を引きやすい

②海外経験ができる

③ノウハウを得られる

こんな感じでしょうか。

 

 

あくまでこれは僕が考えるメリットであるので、全ての人にとってのメリットではないです。僕はこれらを踏まえて会社員生活を楽しんでいます。

 

 

みなさんも参考にしてみてください。では今日はこの辺で。読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

たいちゃんねる。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください