雑記

現預金が最強となる日

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

 

最近、米株といい日本株といい安定しない相場からそろそろ暴落では??みたいなニュースをよく見かけるようになりました。アナリストによっては何かしらマイナス要因をいろいろ掘り出してくるみたいな印象を受けます。

 

 

実際よく見かけるくらいなのでどれだけ増えたかなど集計した事ないですが、肌感覚です。まぁ誰もいつ下がるかなんて分からないですけどね。

 

 

だからこそ、そうなった時の準備は大切です。表題の通り、現金が最強になるときが来るかもしれません。米国市場は長期的に見れば上昇トレンドが今後も続くと考えています。暴落こそ買いです。

 

 

そのときまでしばらく現金比率を上げていこうと思っています。

 

 

企業内専門職はセレクション制にしたほうがいいと思う件

 

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

 

今日思った事。

企業内の専門職はセレクション制にしたほうがいいってこと。

 

 

ていうのも僕自身去年の11月、営業職から専門職に変わりました。個人的にはすごく光栄なことだと思っています。仕事内容はデータ分析を行う部署で各部署に数値データに基づいて様々な意見をしたり、企画の支援等をしています。

 

 

統計学、確率論、データサイエンスなど数学の知識をたくさん使うので基本的に理系の学部卒である、もしくは院卒のメンバーで構成されています。僕自身はあまり勉強してこなかった人間なので学力とかあまりないですが、数字とかに苦手意識がないので比較的楽しくやってます。

 

 

ですが、部内に理系だけどあまり分析や数字が得意ではないメンバーもいたりします。日々パソコンに向かって自分で仮説を立てて分析し評価するということを繰り返すので苦手意識があるとかなり苦痛な作業と言えるでしょう。

 

 

そんな中、後輩2人いるのですが彼らはすごく大変そうです。得意ではなく、興味もなさそうなのでモチベーションがかなり低いです。専門職って聞こえはいいですけど得意でもなく、興味もなければ本人たちにとってただの地獄ですね。

 

 

本人の適正も知らず、「はい、あなたは明日から専門職ね」と決められるのはいかがなもんかなと考えたりもします。まぁサラリーマンってそんなもんでしょ、と言われればおしまいですが。。。

 

 

だから僕からの提案。セレクション制にしたらどうかということ。僕の周りは専門職希望が非常に多いです。得意だしやる気もある。だったら部長などの管理者が社内募集をかけて面接やらテストなどを行い適正を見ればいいと思いました。

 

 

本人は希望部署にいけるし、管理者はスキルやモチベーションのある人間を部下におけるしこれが正解じゃね??と今のところ思ってます。

 

 

近々人事に提案してみようかな。

 

 

では今日はこの辺で。

 

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

 

日記、始めました

 

こんばんは。

たいちゃんねるです。

 

 

普段は、「こんにちは」から始めますが今日に限っては「こんばんは」です。仕事終わって自宅で綴ってます。

 

 

今日から毎日(できれば)備忘録的に日記みたいなのを書いていこうと思ってます。というのもここ最近仕事もプライベートも良い経験をさせてもらうことが多く日々自分が進化していっているのがわかります。

 

 

なのでこの過程で何を考え、何を思い、何の行動をしたのかなどいろいろ残していきたいなと思っております。日記を続けた事がない僕にとってはこういうやり方のほうが向いてるかもしれません。

 

 

いつまで続くか分かりませんが、死ぬほど暇な時に立ち寄ってください(笑)

 

 

それはそうと、2/27にTwitterで下記のツイートを見ました。

 

すごい納得してリツイートしちゃいました。たぶんですけど、上がったら投資家心理は良好、下がったら投資家心理は不安ってことなんでしょうか。どうなんでしょう。でも市場参加者全員にインタビューとかしてたら話は別です(笑)

 

 

結局短期的な価格変動は誰にも分からないので基本的にスルーでいいと僕は思ってます。日々の価格変動を追うのは確実性が低いので、それよりか毎月のキャッシュフローを最大化した方が確実性が高いと思ってます。時間はすごくかかりますけどね。

 

 

投資は負けない事が重要ですので。

 

 

こんな感じの単文形式で続けていきますので、引き続きよろしくです。

 

 

 

 

たいちゃんねる