製薬大手ファイザー株を購入。配当利回りは3.85% 今後の増配にも期待。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

たいちゃんねるです。

 

マネックス証券でのNISA枠にまだまだ余力があるので、ファイザー(Pfizer.Inc)株を購入しました。

医療業界で今後も市場拡大が期待できること、毎年増配傾向にあり直近配当利回りも3%を超えていることから購入してみました。

 

ざっくり会社説明

米国HP

ファイザーはグローバルな研究開発体制から生み出される革新的な医療用医薬品を扱っています。 循環器系、中枢神経系、鎮痛・抗炎症系、筋骨格系、感染症、泌尿器系、眼科系、がん、内分泌系、ワクチン、希少疾病などの薬剤を提供しています。

ファイザー日本法人の医療用医薬品事業は「イノベーティブヘルス事業部門」と「エッセンシャルヘルス事業部門」の2つの事業部門で構成されています。両事業部門はそれぞれの疾患領域において、高い専門性および素早く的確な意思決定を発揮し、患者さんの生活を大きく改善する革新的な治療法を提供できるよう、事業活動を展開しています。さらに開発部門・メディカル・製造部門など様々な組織が、それぞれの事業部門をサポートしています。

日本HPより参照

 

ざっくり言うと、医療現場で必要な薬剤をグローバルで提供しています。

ファイザーの研究開発拠点も日本をはじめ、米国、欧州、中国と世界各国に点在します。

 

まずは株価チャートを確認

1株あたりの配当金額です。(33.25ドル:7/18現在)

2012年 0.88ドル

2013年 0.96ドル

2014年 1.04ドル

2015年 1.12ドル

2016年 1.20ドル

2017年 1.28ドル??

上記は2014年の特別配当を無視して計算しています。毎年増配を確認できます。

チャートも上昇トレンドとなっており、今後の値上がりにも期待しています。

 

実はそこまでパフォーマンスがよくない??

昨晩眠い目をこすりながら購入したのでまともな判断ができていませんでした(涙)

起きてからいろいろ比較すると以外にパフォーマンスがよくないかも??ってことに気づきました。

以下は NYダウ、S&P500と5年間比較したチャートとなります。

NYダウ:+67.95%

S&P500:+80.53%

PFE(ファイザー):+45.77%

主要指数と比較するとそれらにはIT企業が多く含まれているため株価の伸び率で言うとかなわないです。

さらに2016年11月のトランプ大統領誕生から大きく差が開いているようにも感じます。

まぁでも高配当なので良しとします(笑)

 

以下図はジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)との比較です。

ここ2年で大きく差が開いています。

5年間で比較すると3倍もの差がついてますね。

 

こちらの図は過去1年を比較したもの。

どちらもリターンがよくないです。

むしろファイザーは直近1年で見るとマイナスになっています。

まぁ安い時に買えたと思って自己暗示をかけています(笑)

 

今後の展望

せっかく買ったのでしばらく保有を続けてみようと思っています。

米国株は流動性が高いので、売りたい時はさっさと売れるのでありがたいです。

米国株を経験してまだまだ経験値が足りないことからいろんな銘柄を購入しては検証してというのをしばらく続けていこうかなと思っています。

また配当金が出れば報告を兼ねてブログの更新をします。

 

では今日はこの辺で。

読んで頂きありがとうございましたっ!!

 

 

 

たいちゃんねる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください