残業と生産性と割増賃金の矛盾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

最近定時で帰宅する事をできるだけ心がけています。というのも定時を過ぎると生産性が落ちていると感じる事が多々あります。人間そんなに長く集中していられません。明日できることは全て明日やろう精神でやっています。

 

 

生産性下がるのに、残業代って割増賃金が適用され(ブラック企業でなければ)通常労働よりも多めにもらえます。なんか不思議だなーって今日思いました。普通は生産性の高い人間に多くの給与が支払われるのに。

 

 

ちなみに何の参考にもならないと思いますが、僕の働き方を綴っておきます。何年後かに見直そ。勤務時間は9時から18時です。働き方としては、9時から13時(実働)、13時から14時(休憩)、14時から18時(実働)がおおよそのスケジュール感です。

 

 

休憩は必ず1時間必ずとると決めています。というのも仕事内容が分析業務になるので非常に頭を使います。休憩時間はそっこーで昼ご飯を食べて残りの時間は寝てます(笑)そして午後に備えるといった形です。あと労働規定に1時間の休憩はとるようにと明記されています。とらなきゃ損です。

 

 

多くの労働者におって、残業したくないと考える方が大多数かと思います。ただ一部には残業代を充てにして生活している方も存在します。

 

 

早く帰宅して自己学習をし、自らのスキルアップや生産性向上に努めたほうがよっぽど建設的です。実際には早く帰りたい、けど帰れないという事情もあるかと思います。

 

 

案外簡単な努力で何とかなるかもです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください