総合職と地域限定職の給与格差について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんばんは。たいちゃんねるです。

 

 

最近結婚した同僚と飲む機会がありました。彼女は東京の方と結婚するため総合職だったのを地域限定職という職種に変更しました。

 

ちなみに、

総合職→全国転勤の可能性あり。

地域限定職→そのエリアのみで転勤の可能性あり。(東京エリアの場合、東京から出る可能性はゼロです)

 

 

当社の規定では地域限定職になると総合職よりも給与が20~30%低くなります。これって全国展開している企業に勤めている方はあるあるだと思います。総合職の場合、会社の辞令で全国どこへでも行かなければなりません。その可能性があるため多めに給与をもらうことは当然と考える人が大多数です。

 

 

ただ同僚と話してみて同じ仕事内容で同じ成果なのに隣で働いている総合職と給与格差があるって納得がいかない、という話でした。言いたい事はわかる。そして総合職も言いたい事は分かる。

 

 

これぞ、仕事のパフォーマンスで給与が決められてない問題。僕は仕事内容、成果によって給与は決められるべきだと考えています。もちろん人事は適材適所です。誰もが希望の勤務地を選ぶ事ができません。ただ結婚、介護等でエリアを限定せざるを得ない状況もあります。こういう場合の給与の決め方ってどうなんでしょうね。

 

 

インターネットが発展し、リモートワークも可能になった現代に総合職、地域限定職などの棲み分けをする事自体間違っているのかもしれません。その場合現地採用が一番の解決策なのかなとも考えます。

 

 

うーーん。難しい。みなさんの会社ではどうですか???

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください